ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 健康推進課 【妊娠を計画中の方・妊産婦の方へ】新型コロナワクチン接種について

【妊娠を計画中の方・妊産婦の方へ】新型コロナワクチン接種について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年9月2日更新

【妊娠を計画中の方・妊産婦の方へ】
新型コロナワクチン接種について

 妊娠を計画中・妊娠中・授乳中の方も、ワクチンを接種することができます。

 妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は、重症化しやすいとされています。産婦人科の関係学会は、妊娠中の時期を問わず新型コロナウイルスワクチンの接種を推奨しています。

 また、授乳中に新型コロナウイルスワクチンを受けた方の母乳中に新型コロナウイルスに対する抗体が確認されており、授乳中の子どもを感染から守る効果があることが期待されています。

 妊婦の夫またはパートナーの方が、ワクチンを接種することで妊婦を守ることにもつながります。

 詳しくは下記リンク・資料をご覧のうえ、ワクチン接種をご希望の方は主治医にご相談ください。

ページ内目次

妊娠中・授乳中・妊娠を計画中の方向け 参考リンク・資料

新型コロナウイルスワクチン接種キャンセル待ちの登録について

  尾道市に住民票のある、接種券をお持ちの方で予約がまだの方が対象です。

 妊婦の方は、母子健康手帳を持ち、新型コロナウイルスワクチン接種について、産科かかりつけ医の了解を得たうえでご登録ください。なお、登録時点の妊娠週数を記入してください。

詳しくは、新型コロナウイルスワクチン接種キャンセル待ちの登録について(尾道市ホームページ)<外部リンク>をご覧ください。

接種の持ち物について

 可能な限り母子健康手帳を持ってきてください。

 新型コロナワクチン接種の予診票には、「現在妊娠している可能性はありますか。または授乳中ですか。」 という質問がありますので、「はい」にチェックし、あらかじめ健診先の医師に接種の相談をしておきましょう。接種してよいと言われていれば、その旨を接種会場の問診医に伝えて、接種を受けてくださ い。

尾道市に里帰りしている妊産婦の方へ

 尾道市に出産のために里帰りしている妊産婦の方は、尾道市で接種を受けることができます。

 なお、住民票所在地以外で接種する場合、原則として接種を受ける尾道市へ「住所地外接種届」を提出し、「住所地外接種届出済証」の発行を受ける必要があります。

 広島県内に住民票がある場合や、産科かかりつけ医で接種を受ける場合は、住所地外接種届の申請は不要です。

 詳しくは、「住民票所在地以外での接種について」<外部リンク>をご覧ください。

関連リンク

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)