ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 感染症 > 新型コロナワクチン接種 【乳幼児(6か月~4歳)】新型コロナワクチン接種について

本文

【乳幼児(6か月~4歳)】新型コロナワクチン接種について

ページID:0055870 更新日:2023年12月28日更新 印刷ページ表示

初回接種を終了していない方は、まずは、初回接種を受けてください。
​追加接種は、初回接種を終了した方を対象に「​令和5年秋開始接種」を実施します。
詳しくは、生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ​(厚生労働省)<外部リンク>をご確認ください。

ページ内目次

1.接種対象者

ファイザー(XBB.1.5)・・・生後6か月~4歳のお子様
​モデルナ (XBB.1.5)・・・生後6か月~5歳のお子様

【予防接種法上の「努力義務」の適用について】
「努力義務」とは、接種を受けるよう努めなければならない という予防接種法の規定のことであり、義務とは異なります​。感染症の予防効果と副反応のリスクについて理解した上で、お子様と相談し、保護者の意思に基づいて接種の判断をお願いします。
※令和5年9月20日以降の初回接種および追加接種(令和5年秋開始接種)においては、重症化リスクの高い方(基礎疾患等がある方)について、「努力義務」の規定が適用されます。

2.接種券について

初回接種の対象の方には接種券を送付済みです。新たに生後6か月になるお子様は、順次発送します。
追加接種(令和5年秋開始接種)の対象の方は、前回接種から3か月が経過する方に接種券を送付します。

※接種券送付時に4歳以下の方が、5歳になってから小児用のワクチン接種を受ける場合も、この接種券を使用してください。
※尾道市に転入後に新型コロナワクチン接種を希望される方は、尾道市から交付する接種券が必要になります。詳しくは、転入された方の新型コロナワクチン接種券の発行申請についてをご確認ください。

3.ワクチン接種について

初回接種(1~2回目・3回目)

【実施期間】
令和6年3月末まで(接種を希望する方は、早めの予約をご検討ください。)

【ワクチンの種類・接種回数】
ファイザー(XBB.1.5) 3回
※1回目接種から3週間経過後に2回目を接種し、2回目接種から8週間経過後に3回目を接種します。
​※1回目に乳幼児用ワクチンを接種した後に5歳になった場合でも、2・3回目接種は乳幼児用ワクチンを接種します。

モデルナ(XBB.1.5)  2回
​※1回目接種から4週間経過後に2回目を接種します。
​※令和5年11月1日から、モデルナ(XBB.1.5)が初回接種で使用するワクチンに追加されました。

【ワクチンの説明書】
​ファイザー(6か月~4歳)オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(初回接種用)
モデルナ (6か月~5歳)オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(初回接種用)

令和5年秋開始接種(3回目または4回目)

【実施期間】
令和5年9月20日~令和6年3月末(接種を希望する方は、早めの予約をご検討ください。)

【接種対象】
初回接種を終了したすべてのお子様

【ワクチンの種類・接種回数】
ファイザー(XBB.1.5) 1回
​※前回接種から3か月経過後に接種できます。

【ワクチンの説明書】
ファイザー(6か月~4歳)オミクロン株(XBB.1.5)対応1価ワクチン(令和5年秋開始接種用)

4.接種会場・接種予約

個別医療機関で接種を受けてください。最新の実施状況は、各医療機関にご確認ください。

【実施医療機関一覧】(12月28日現在)

※事前予約が必要です。接種券が届いてから予約ができます。予約には「接種券番号」が必要な場合がありますので、お手元に接種券をご準備ください。
※使用するワクチンの種類や最新の実施状況は、各医療機関にご確認ください。
​※他の予防接種を行う場合は、原則2週間後の同じ曜日の日以降に接種できます。(新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。)​​

接種についての注意点

※お子様の新型コロナワクチン接種には、保護者の同意・立ち会いが必要です。
・予診票に必要事項を記載のうえ、ワクチン接種に対する同意書へのサインをお願いします。
・保護者が特段の理由で同伴できない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等の適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
 委任状 [PDFファイル/131KB]

※お子様の予防接種記録は母子健康手帳で管理しているため、接種の際は母子健康手帳を持ってきてください。

※日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患等を公表しています。
 新型コロナウイルスワクチン接種に関する、小児の基礎疾患の考え方および接種にあたり考慮すべき小児の基礎疾患等(日本小児科学会)<外部リンク>

5.お問い合わせ

●接種の予約、ワクチン接種について一般的なこと
尾道市健康推進課
Tel:0848-24-1961 (平日:8時30分~17時15分)※12月29日~1月3日は年末年始休み
※尾道市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンターは、令和5年12月28日で終了しました。

●接種後の副反応、ワクチン接種について専門的なこと
広島県新型コロナウイルスワクチン相談センター<外部リンク>
Tel:082-513-2847 (毎日:8時30分~17時30分)
​対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語

●ワクチン接種全般について
厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター<外部リンク>
Tel:0120-761-770 (毎日:9時00分~21時00分)
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語
     タイ語 (毎日:9時00分~18時00分)
     ベトナム語 (毎日:10時00分~19時00分)

●聴覚に障害がある方など、電話やWebでの相談、予約が難しい方
尾道市健康推進課までFaxにてご相談ください。
Fax:0848-24-1966

障害のある方の新型コロナウイルスワクチン接種に関する相談窓口について(広島県)<外部リンク>

6.関連リンク

新型コロナワクチンQ&A 乳幼児接種(生後6か月~4歳)(厚生労働省)<外部リンク>
新型コロナウイルス関連情報(日本小児科学会)<外部リンク>
ファイザー新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける方とそのご家族の方へ(ファイザー社)<外部リンク>

厚生労働省資料

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)
​​新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

新型コロナワクチン接種後の注意点(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)
新型コロナワクチン接種後の注意点

令和5年秋開始接種チラシ(厚生労働省)
令和5年秋開始接種チラシ(厚生労働省)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)