ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 市の概要 統計情報 令和4年就業構造基本調査を実施します

令和4年就業構造基本調査を実施します

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月29日更新

令和4年就業構造基本調査の概要

 就業構造基本調査は、正規・非正規雇用者の就業状況の違い、高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにすることを目的としています。昭和31年(1956年)からほぼ3年ごと、昭和57年(1982年)以降は5年ごとに行われ、今回が18回目の調査になります。
 また、この調査は、国が実施する統計調査の中でも特に重要な調査の一つであり、正確な統計を作成するため、「統計法」に基づいた回答義務のある調査です。

調査の期日

 令和4年10月1日 土曜日 現在​

調査の対象

 尾道市では、38調査区で実施します。約600世帯が対象になります。
 調査区にお住まいの、15歳以上(平成19年(2007年)10月1日以前生まれ)の世帯員が調査の対象です。

調査の方法

 統計調査員が対象の世帯を訪問します。ご理解とご協力をお願いします。

準備調査

​​​ 8月下旬から9月中旬ごろ、対象調査区の世帯を調査員が訪問し「世帯主の氏名」や「住所」などの聞き取り調査を行います。

本調査

 準備調査の結果に基づき、9月23日頃から10月23日までに、無作為に選定された調査対象世帯を調査員が訪問し、調査の説明及び調査書類の配布・取集を行います。

回答の方法

 1.インターネット回答
 2.郵送回答
 3.調査員に提出

 ※ 回答はパソコンやスマートフォンなどでのインターネット回答が便利です。​​

個人情報の保護

 調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査内容を使用することは絶対にありません。これらの行為は「統計法」によって固く禁じれれています。

かたり調査に、ご注意ください

 調査員は、広島県知事が任命した特別職の地方公務員です。調査活動中は、「調査員証」を必ず携帯していますので、確認してください。
 また、調査員が金銭を要求することや、銀行口座・クレジットカード番号などをお聞きすることはありません。
 統計調査を装った不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどに注意してください。不審に思った際は、回答せず、早くに市へ知らせてください。

関連リンク