ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ しごとの情報 産業振興 雇用・労働支援 令和3年8月から業務改善助成金を拡充しています
トップページ くらしの情報 ライフイベント 就職・退職 令和3年8月から業務改善助成金を拡充しています

令和3年8月から業務改善助成金を拡充しています

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月18日更新

業務改善助成金
中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援

 業務改善助成金は、生産性向上のために設備投資等を行い、事業場内の最低賃金を20円以上引き上げた場合に、設備投資等(対象費用)の一部を助成する助成金です。同一年度内に2回まで申請することができる他、コースの新設や、新型コロナウィルス感染症の影響を鑑み、対称形の拡充をしていますのでご活用ください。

■申請締切
令和4年1月31日  ※予算の範囲内で交付するため、申請期間内に募集を終了する場合があります。

■対象事業場
中小企業・小規模事業者(以下の2つの要件を満たす事業場)
 ・事業場内最低賃金と、地域別最低賃金の差額が30円以内
 ・事業場規模100人以下

■設備投資の例
 ・POSレジシステムの導入(在庫管理の短縮)
 ・リフト付き特殊車両の導入(送迎時間の短縮)
 ・顧客、在庫、帳票管理システムの導入(業務の効率化)
 ・専門家による業務フロー見直し(顧客回転率の向上)
 ・PS、スマホ、タブレットの新規購入のほか、貨物自動車なども生産性向上の効果が認められる場合は対象になりました。ただし、引き上げ額30円以上の場合であって、生産量要件(売上高等の事業活動を示す指標が指定時期と比較し、30%以上減少していること)を満たす場合に限ります。

■助成額
原則は「対象経費×助成率(4/5 または 3/4)」と「上限額(以下の表)を比較し、いずれか低い額です。上限額は引き上げ人数と引き上げ額により以下の通り定められています。
※10人以上の上限区分は、(1)賃金要件(事業場内最低賃金900円未満の事業場)または、(2)生産量要件(売上高等の事業活動を示す指標が指定時期と比較し、30%以上減少していること)に該当する事業者が対象です。

賃金引上げ労働者数20円コース30円コース45円コース60円コース90円コース
業務改善助成金上限額
1人20万円30万円45万円60万円90万円
2~3人30万円50万円70万円90万円150万円
4~6人50万円70万円100万円150万円270万円
7~9人70万円100万円150万円230万円450万円
10人以上80万円120万円180万円300万円600万円

※令和3年8月より新設

■厚生労働省ホームページ
要綱、要領の他、各申請書類や記載例、Q&A等を掲載しています。 →厚生労働省HPへ<外部リンク>
 

お問い合わせ・申請先

 広島労働局雇用環境・均等室(Tel:082-221-9247)
 〒730-8538 広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎2号館5階