ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育指導課 平成30年度学力調査結果について

平成30年度学力調査結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新

■各種学力調査結果

(1)全国学力・学習状況調査

【実施期日】

  平成30年4月17日(火曜日)

【調査対象学年】

  小学校:6年生

  中学校:3年生

【調査教科等】

  小学校:国語A、国語B、算数A、算数B、理科、質問紙調査

  中学校:国語A、国語B、数学A、数学B、理科、質問紙調査

 

(2)「基礎・基本」定着状況調査

【実施期日】

  平成30年6月12日(火曜日)~平成30年6 月22日(金曜日)

【調査対象学年】

  小学校:5年生

  中学校:2年生

【調査内容】

  小学校:質問紙調査

  中学校:質問紙調査

 

(3)学力定着実態調査

【実施期日】

  中学校:平成30年4月12日(木曜日)

  小学校:平成30年12月18日(火曜日)

【調査対象学年及び教科】

  中学校:1年生  (国語、数学、理科、社会)

  小学校:1~3年生(国語、算数、質問紙調査)

        4年生  (国語、算数、理科、社会、質問紙調査)

(4)尾道教育みらいプラン2の成果指標に係る質問紙調査結果

 

■結果概要

「全国学力・学習状況調査」は、小学校の国語、算数、理科は全国平均を上回りましたが、中学校の国語、数学、理科は全国平均を下回りました。

「基礎・基本」定着状況調査は、今年度は質問紙調査のみの実施でした。

「学力定着実態調査」は、中学校の国語は全国平均を上回りましたが、数学、理科、社会は全国平均を下回りました。

尾道教育みらいプラン2の基本方針1「確かな学力の向上」に係る成果指標については、広島県「基礎・基本」定着状況調査児童生徒質問紙(小5・中2)における「主体的な学び」に関する質問項目や「自ら進んで勉強している」という項目に対して肯定的な回答をした児童生徒の割合は、昨年度を下回り、課題が見られました。

しかし、全国学力・学習状況調査児童生徒質問紙(小6・中3)における「家庭学習時間1時間未満の児童生徒の割合」は昨年度より減少しており、取組の成果が見られました。

この度、12月に実施した小学校の「学力定着実態調査」では、1年生の国語、算数、2年生の国語、4年生の国語、算数は全国平均を上回りました。しかし、2年生の算数、3年生の国語、算数、4年生の理科、社会は全国平均を下回りました。

 

■今後の取組

ここ数年、各種学力調査の結果については、県内の他市町と比較しても大きな課題があることから、教育委員会においては「授業改善」「家庭学習の充実」に力点を置き、各学校の調査結果を分析し、改善計画に基づき取組を進めてまいりました。

取組を通して、小学校低学年・中学年における指導内容については繰り返しの指導が不可欠であること、授業においては教師主導ではなく児童生徒自ら課題を発見し課題解決の方法を見出す指導が必要であること、また家庭での学習習慣の定着は大変重要であることなどを再認識しております。

そこで、昨年度から、「尾道版『学びの変革』推進事業」において、児童生徒の意欲を引き出し、「主体的・対話的で深い学びを実現する授業づくり」に全校で取り組みを進めております。また、小学校1年生担任や中学校の5教科(国語、社会、数学、理科、英語)の担当者を対象に市主催の研修会を実施し、授業力の向上にも取り組みました。

家庭学習については、学習課題の工夫と同時に家庭の協力が不可欠ですので、各学校では家庭学習の重要性について学校便りなどで理解を図っています。

また、言語を獲得し、文字を通して豊かに考えたり表現したりする力を養うために、読書は不可欠であることから、読書活動の推進にも取り組んでおります。

今年度までの成果と課題を分析し、次年度からの各種事業のさらなる充実を図って参ります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)