ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 文化振興課 瀬戸田歴史民俗資料館

瀬戸田歴史民俗資料館

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

所在地:〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田254

電話番号:0848-20-7425  

瀬戸田歴史民俗資料館資料館1階
令和2年2月29日(土曜日)をもちまして、瀬戸田歴史民俗資料館は閉館となりました。

 開館日

令和2年2月29日(土曜日)をもちまして、瀬戸田歴史民俗資料館は閉館となりました。

 



 建物は江戸末期の豪商「三原屋」堀内調右衛門氏が建てた土蔵で、当主の堀内日出夫氏の寄贈を受けたものです。
 瀬戸田港は、室町時代の後期になると、小早川氏(三原)の外港という性格を持ち、20隻の千石船を含む「生口船」を構成し相当の勢力を持っていました。
 江戸期において、大船の建造は禁止されましたが、120余隻の船があり、内海航路の重要な地位を占め、特産の塩などの輸送にあたりました。
 かつてこの一帯には同様の土蔵が建ち並び、活況を呈した当時を偲ばせる重要な建造物です。

 

地図(Google map)

瀬戸田歴史民俗資料館 位置図