ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 文化振興課 尾道市史編さん委員会事務局だより「市史広報」第9号を発行しました!

尾道市史編さん委員会事務局だより「市史広報」第9号を発行しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2021年10月11日更新

尾道市史編さん委員会事務局だより「市史広報」第9号を発行しました!

『市史広報』第9号 表紙
「新尾道市史」編さんの取組みと経過を、市民に向けて広く発信する広報媒体として、市史編さん委員会事務局だより『市史広報』の第9号を発行・配布いたしました。平成29年5月から年2回発行しております。
今回発行する第9号では、尾道の祭り風土記と題しまして、昨年に引き続き中止や縮小を余儀なくされている、お祭りに焦点を当てて特集いたします。平成18(2006)年に現在の新市域となった尾道市のお祭りは、里山、島嶼部を加えてより一層にぎやかになりました。1日でも早い復興を願い、本紙では市内のお祭りを概観していきたいと思います。本号の「やまなみ編」から始まり、第10号では「まちなみ編」、第11号では「しまなみ編」をお送りいたします。どうぞお楽しみに。
市史広報9 [PDFファイル/6.18MB]

過去の「市史広報」ご案内

• 創刊準備号(2016年12月発行)※在庫有り
「新尾道市史」編さんを広く市民の皆さまに知っていただこうと発行しました。「市史編さんの概要」、「初代尾道駅舎」など紹介。
市史広報創刊準備号 [PDFファイル/1.35MB]

• 創刊号(2017年5月発行)※在庫無し
 御調の歴史・文化、菅野の満願寺で行われる33年に一度の御開帳や徳永の真田伝説を特集。本格的に稼働し始めた市史編さん事業の一端の紹介。
市史広報創刊号 [PDFファイル/6.52MB]

• 第2号(2017年12月発行)※在庫わずか
 旧尾道市街を構成する尾道町の東エリアを歴史散歩できるような内容になっています。各所の解説などとともにご案内。
市史広報2 [PDFファイル/2.26MB]

• 第3号(2018年5月発行)※在庫有り
 海の領主たちが活躍した中世南北朝時代から、大正期には向島を舞台に開催された瀬戸内海勧業博覧会の様子、大がかりな島の埋め立て事業の経過を紹介。
市史広報3 [PDFファイル/2.04MB]

• 第4号(2019年1月発行)※在庫有り
 かつて千石船を有し、賑わいを見せた因島の椋浦の歴史や史跡の紹介。明治期の尾道商人・大藤忠兵衛の旧蔵資料から発見された引き札などの貴重な資料群の紹介。
市史広報4 [PDFファイル/2.34MB]

• 第5号(2019年6月発行)※在庫有り
 本紙は新市域を網羅した新たな市史の編さんを目指し、現在までに御調町、旧尾道市街、向島、因島を特集してまいりました。第5号では、瀬戸田町にスポットを当て、無形民俗文化財である名荷神楽を紹介。
市史広報5 [PDFファイル/5.44MB]

• 第6号(2020年1月発行)※在庫有り
 因島に生まれ、旧市史※の執筆を手掛けた青木茂氏旧蔵資料と、それを所蔵する金光図書館(岡山県浅口市金光に所在する)を紹介。
※『尾道市史』(昭和14~15年刊行)、『新修尾道市史』(昭和46~52年刊行)、『因島市史』(昭和43年刊行)等。
市史広報6 [PDFファイル/7.65MB]

• 第7号(2020年6月発行)※在庫有り
 旧市史の執筆を手掛けた青木茂氏の旧蔵資料を追って、広島県立文書館に所蔵されている資料を紹介。
市史広報7 [PDFファイル/5.7MB]

• 第8号(2021年3月発行)※在庫有り
 新聞資料のデータベース化の様子、市民の皆さまからご寄贈いただいた資料の紹介等々、『新尾道市史』編さんの舞台裏をご紹介。
市史広報8 [PDFファイル/5.01MB]

問い合わせ先

〒722-0022
尾道市栗原町1268-1(旧尾道高校本館)
尾道市企画財政部文化振興課 市史編さん委員会事務局
Tel :0848-38-9359
Fax :0848-24-2131

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)