ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 尾道市議会 市議会の運営

市議会の運営

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月6日更新

市議会(定例会)の流れ  ~予算や条例が決まるまで~

本会議開会 議長が開会宣告します。本会議を開くには、議員定数の半数以上の議員の出席が必要です。
議案提出 議案には、市長から提出されるものと議員から提出されるものがあります。
議案説明 議案について、提案者(市長など)が提案の理由を説明します。
質疑 議員が議案について、質疑を行い、提案者(市長や部長など)が答弁します。
委員会付託 質疑が終わると議案などをさらに詳しく、専門的に審査するため、委員会に付託されます。

 ↓

議案が委員会に付託されると、次は委員会での審査を行います。

委員会説明 議案について、部長などから説明を聞きます。
質疑 委員が議案について、質疑を行い、提案者(市長や部課長など)が答弁します。
討論 委員が議案について、賛成か反対かの意見を述べます。
採決 議案について、委員会としての賛成か反対かを決めます。(出席委員の過半数で決めます。)

委員会での審査が終オわると、再び本会議を開きます。

 

本会議委員長報告 委員長が、委員会での審査の経過や結果を報告します。
質疑 委員長報告について、質疑を行います。
討論 議員が議案について、賛成か反対の意見を述べます。
採決 議案について、賛成か反対かを決めます。(出席議員の過半数で決めます。)これにより、市議会としての意思が決まります。
閉会 すべての議案の採決が終われば、議長が閉会を宣言をし、閉会になります。

 採決の結果は、議長から市長に通知され、市長はこれをもとに仕事を進めていきます。