ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 入学・転校の手続きについて
教育委員会

入学・転校の手続きについて

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月1日更新

小中学校の新入学及び転校の手続きは次のとおりです。

小中学校の新入学

 市内に住所がある児童生徒は、教育委員会が指定する小学校・中学校(指定校)へ入学していただきます。
 毎年1月中旬に「入学通知書」を送付します。1月末までに「入学通知書」が届かない場合は、教育指導課へお問い合わせください。
 また、市外からの転入の場合は、市民課で転入手続きをし、教育指導課へお越しください。

※特別な事情により指定校への就学が困難な場合は、「指定学校変更申立」 の手続きがありますので、教育指導課にご相談ください。

学校選択制

 尾道市では、小学校・中学校の新一年生を対象に、保護者及び児童生徒が各学校の特色を理解したうえで、希望により入学する学校を選ぶことができる「学校選択制」を実施しています。

小中学校の転校の手続き

  1. 市外からの転入
     市民課で転入手続きを行い、教育指導課へお越しください。「就学通知票」を交付しますので、前の学校から交付された「在学証明書」及び「教科書給与証明書」を添えて、転入する学校へ提出してください。
     なお、各支所で手続きをされる場合は、窓口へ問い合わせください。
  2. 市外への転出
     現在通っている学校で「在学証明書」及び「教科書給与証明書」を受け取ってください。
     市民課で転出手続きを行い、新しい住所地の役所及び教育委員会で手続きをしてください。
  3. 市内の校区外への転居
     新しい住所地の学校へ転校することになります。
     市民課で転居手続きを行い、教育指導課へお越しください。「就学通知票」を交付しますので、転校先の学校に提出してください。

※転出や転居により、指定校が変更になりますが、引き続き従前の学校への就学を希望する場合は、「指定学校変更申立」等の手続きがありますので、教育指導課にご相談ください。

関連リンク