ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

妊婦健康診査

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月31日更新

マタニティマーク

妊婦健康診査って何をするの?

 妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行うものです。

 妊娠中を心身ともに健康ですごし無事に出産を迎える為には、日常生活や栄養、環境などいろいろなことに気を配る必要があります。もともと健康な方であっても妊娠中に病気にかかることもありますので、早期に発見し、適切な治療や保健指導を受けることが大切です。
 尾道市では、委託した医療機関、助産所等で妊婦健康診査を受けることができます。健康診査の内容としては、妊娠週数に応じた問診、診察、計測、尿検査、血糖・貧血などの血液検査、クラミジア・肝炎等の感染症の検査、子宮頸がん検査などがあります。これらの妊婦健康診査には公費による補助制度があります。

妊婦健康診査の補助はどうやったら受けられるの?

 妊娠が確定したら、母子健康手帳発行窓口に妊娠届を提出し、母子健康手帳と母子健康手帳別冊の交付を受けましょう。この母子健康手帳別冊に、妊婦健康診査等の補助券が入っています。医療機関、助産所等で妊婦健康診査を受ける際には窓口に提出して使用しましょう。
 しかし、これらの補助額を上回る検査を行った場合は自己負担になります。
 補助券は県内の医療機関では使用できますが、県外では使用できません。里帰り出産等で県外の医療機関で受診する場合は、受診される方の立替払いとなります。詳しくは、母子健康手帳交付時に配布する「広島県外で妊婦・乳児一般健診を受けられる方へ」を参照してください。

関連書類

 母子健康手帳交付窓口 (PDF形式:59KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)