ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの定期予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新

 予防接種法によって対象疾病、対象者及び接種期間などが定められた予防接種を、定期予防接種といいます。
 市からは、予防接種開始時期の生後2ヵ月頃に、予防接種に関する書類を送付しますので、かかりつけ医と相談しながら接種を受けましょう。

接種に必要なもの

 母子健康手帳、予防接種ID番号

接種場所

 広島県広域予防接種受託医療機関

料金

 無料

市外(県内)の医療機関で接種を希望される方

 事前に健康推進課へご連絡ください。
 尾道市の予診票・予防接種券を送付します。(医療機関により、接種ができない場合もあります。)

県外の医療機関で接種を希望される方

 依頼書なく接種した場合、接種費用は全額自己負担となります。

関連書類

  H29乳幼児予防接種委託医療機関一覧(尾道・向島・御調) [PDFファイル/129KB]

  H29乳幼児予防接種委託医療機関一覧(因島・瀬戸田) [PDFファイル/119KB]

 H29子宮頸がん等ワクチン委託医療機関一覧 [PDFファイル/106KB]

  予防接種の種類と接種回数等 [PDFファイル/116KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)