ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
教育委員会

教育長室

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月1日更新

ようこそ教育長室へ

尾道市教育委員会教育長

尾道市教育委員会教育長

新年のごあいさつ

  

 明けましておめでとうございます。市民の皆様におかれましては、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 旧年中は、本市の教育行政の推進にあたり、温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、昨年を振り返りますと、4月の今治市からの受刑者逃走事件、7月の西日本豪雨災害や断水、台風による被害など、突発的な事件や大きな災害が発生し、尊い人命や財産が奪われました。全国的にみても、ここ数年、地震や異常気象による大雨等自然災害が頻発しており、避難所としての学校の役割の重要性を強く感じているところです。
 また、被災した児童生徒の心身のケアは言うまでもなく、子供たちの学力の向上や不登校、いじめ問題、グローバル化・ICT化への対応を始め、教職員の負担軽減、学校施設の耐震化・空調設備・トイレの洋式化などの教育環境の整備や、家庭教育・地域教育の充実、2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの対応など、取り組まなければならない課題も山積しております。
 引き続き、「尾道に愛着と誇りを持ち グローバルに躍動する人づくり」を基本理念として、山積する教育行政の課題解決に取り組むとともに、市長部局とも連携し、教育委員会一丸となって「教育のまち尾道」の再生を目指してまいりますので、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、この一年が市民の皆様にとりまして幸多き年でありますよう心からお祈り申し上げ、新年のあいさつといたします。

 

尾道市教育委員会教育長  佐藤 昌弘