ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
尾道市消費生活センター

多重債務でお困りの方へ

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月8日更新

尾道市消費生活センターでは、多重債務についての相談を受け付けております

実際の債務整理はご自身で行うか、弁護士・司法書士に依頼することになります。

契約書、領収書など借金の状況が分かるものをなるべく持ってきてください。
相談カードと債務一覧表をあらかじめご記入いただき持ってきていただくと、相談がスムーズです。

ダウンロード

弁護士・司法書士事務所へ相談の際には、次のような資料を準備する必要があります。

資料の例
  • 住民票(世帯全員、本籍地のあるもの)
  • 課税台帳記載事項証明書
  • 3か月分の給与明細
  • 固定資産の通知書
  • 住宅ローンの払い込み通知書(残高のわかるもの)
  • 不動産登記全部事項証明書
など

多重債務・ヤミ金でお困りの方のその他の相談窓口はこちら

お困りごと・相談事の内容相談先
正規の貸金業者は登録が義務付けられています。 登録の有無の確認や登録業者の違法な取立行為などの相談を受け付けています。財務局長登録業者に関する苦情・相談
中国財務局金融監督第三課
082-221-9221
(月~金 9時~12時 13時~17時)
広島県知事登録業者に関する苦情・相談
広島県商工労働局産業振興部金融課
082-513-3321
(月~金 8時30分~17時30分)
借金の状況をお聞きし、必要に応じて弁護士・司法書士などの専門家に引継ぎを行います。中国財務局 多重債務相談窓口
082-221-9206
(月~金 9時~12時、13時~17時)
これ以上借金を増やさないための『貸付自粛依頼情報』の登録手続き、 貸金業者の事実と違う広告等への苦情の受付などを行っています。日本貸金業協会
0570-051-051
(月~金 9時~15時30分)
日本貸金業協会広島県支部
082-546-0136
(来訪 月~金 9時30分~17時30分)
クレジットや消費者ローンの返済などにお困りの方に対して、専任のカウンセラーが無料でご相談に応じています。カウンセラーは、弁護士と消費生活アドバイザーなどですので、安心してご相談ください。必要に応じて、家計収支に合った弁済計画の作成、債権者との交渉など、生活の立て直しのお手伝いをします。財団法人日本クレジットカウンセリング協会 広島センター多重債務ほっとライン
082-511-8001
(月~金 10時~12時40分 14時~16時40分)
面談や電話により、無料で関係機関の相談窓口や法制度の情報を提供するほか、弁護士・司法書士による法律相談が必要な方で、経済的に余裕のない場合には、民事法律扶助による無料法律相談も行っています。法テラス広島  
050-3383-5485
(月~金 9時~17時)
ヤミ金融・悪質な貸金業者等の取締りに関する相談広島県警悪質商法相談電話
082-221-4194
利息制限法を超える利息は原則無効です。弁護士が相談に応じます。広島弁護士会 法律相談センター福山
082-973-5900
(月~金 受付時間 9時30分~15時)
サラ金やヤミ金融でお困りの方は、是非法律の専門家にご相談を。 必ず法的救済が可能です。 法律の専門家の費用が準備できない人には、公的な費用支援制度があります。 利息制限法の上限金利をご存知ですか? もしかしたらあなたは返済しすぎかもしれません。 是非法律の専門家にご相談ください。広島司法書士会福山総合相談センター
084-926-4654
(月・水・金 13時~15時)
裁判所の手続きを利用しようと思われたときはお問い合わせください。広島簡易裁判所受付相談センター
082-228-0421
尾道簡易裁判所
0848-22-3132
 

よく分からない事がありましたら、尾道市消費生活センターへお問合せください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


消費生活緊急情報を配信します!

こちらのQRコードを携帯端末に読み込むと簡単に登録できます
QRコード

お役立ち外部サイト

多重債務でお困りの方へ

電子書籍の紹介<外部リンク>

しょうこさん尾道市消費生活センターの顔、
しょうこさん。
プロフィールはこちら