ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子ども医療費助成について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月13日更新

対象となる人

中学校卒業まで(満15歳になった日以降最初の3月31日まで)のお子さんで、次のすべてに該当する人。

  1. 尾道市に住民票がある人
  2. 健康保険に加入している人

 ※保護者の所得制限はありません。

生活保護を受けているとき、児童福祉施設に入所しているときは、対象となりません。

助成対象

入院・通院:0歳から中学校3年生まで

助成内容

各種医療保険が適用される医療費(2割または3割分)から、一部負担金を除いた額を助成します。
一部負担金は、1日500円です。通院は月4日、入院は月14日まで負担していただきます。
調剤費、装具代の一部負担金はありません。

以下のものは対象ではありません。

  1. 各種医療保険の対象とならないもの(乳児健診、予防接種、薬の容器代、室料差額、おむつ代など)
  2. 入院時の食事療養費標準負担額
  3. 交通事故などの第三者行為による診療
  4. 保育園、幼稚園、小学校などの管理下での病気やけがで、日本スポーツ振興センターの給付対象となる場合
  5. 高額療養費や付加給付に該当した額

申請手続き

  1. お子さんが出生した場合や他市町から転入した場合は、申請手続きが必要です。
    必ず異動日(出生日や転入日)から14日以内に手続きをしてください。
    遅れると、異動日まで遡って資格がつかないことがあります。
  2. 重度医療、ひとり親医療に該当しなくなった場合や生活保護を受けなくなった場合も申請が必要です。

申請手続きに必要なもの

必要な書類がすべてそろっていなくても申請することができます。
代理の人でも申請手続きができます。

  1. 印鑑
  2. お子さんの健康保険証

転入等により、尾道市で所得状況の確認ができない場合は、課税台帳記載事項証明書(課税証明書、所得証明書)を提出していただく場合があります。
審査する所得年度は、お子さんの誕生月によって異なります。  

子ども医療費受給者証(以下「受給者証」)は、郵送でお届けします。

受給者証の使い方

受給者証と健康保険証を医療機関窓口に提示してください。
一部負担金を支払うだけで医療を受けることがきます。
県外の病院では受給者証が使えません。いったん医療費の自己負担分(2割または3割)を医療機関窓口で支払ってください。その後、子育て支援課または各支所で償還払いの申請をしてください。県内の医療機関で受給者証を持たずに受診し、その後病院で精算ができなかった場合も、償還払いの申請が必要です。

償還払いの申請に必要なもの

  1. 診療領収書(診療点数が記載されているもの)
  2. 印鑑(スタンプ印、ゴム印は不可)
  3. 保護者(受給者証に記載のある方)名義の普通預金通帳
  4. お子さんの健康保険証
  5. 受給者証

養育医療(未熟児医療)や高額療養費に該当する場合、治療用装具(弱視用めがね、補装具など)を作った場合は、別に手続きが必要です。

このような場合は届出が必要です

  • 転出するとき
  • 住所が変わったとき
  • 加入医療保険が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 重度医療、ひとり親医療に該当となったとき
  • 生活保護を受けるとき

受給者証を無くしたとき

窓口にて再交付します。印鑑とお子さんの健康保険証を持ってきてください。
ただし、浦崎支所、百島支所では即日発行できません。

更新手続きは原則不要です。

手続きが必要な方には個別に案内を送ります。
新しい受給者証は、有効期間が切れる前に郵送します。

手続き場所

子育て支援課(本庁3階)、因島総合支所(因島福祉課)、向島支所、御調支所、瀬戸田支所、浦崎支所、百島支所

関連リンク

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)