ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ カメラさんぽ 第75回尾道みなと祭が開催:カメラさんぽ(291)

第75回尾道みなと祭が開催:カメラさんぽ(291)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月30日更新

ええじゃん踊り1日目の写真ええじゃん踊り2日目の写真

4月28日(土曜日)・29日(日曜日)、第75回尾道みなと祭が開催されました。
2日間で約31万人が訪れ、会場の海岸通りや尾道駅周辺はたくさんの人でにぎわいました。

ええじゃん写真ええじゃん写真ええじゃん写真

恒例のええじゃんSANSA・がり踊りコンテストでは、1日目には一般・グランプリ部門が、2日目には、幼児・小中学生部門が行われました。
「尾道正調三下がり」の曲に合わせて、各チーム華やかなダンスを披露。沿道には多くの観客が訪れ、衣装や振付にこだわった踊りを楽しんでいました。

日台交流事業ファッションショー

また、今年は尾道市制施行120周年を記念し、市内各地域に伝わるみこしが集まる「みこしの祭典in尾道みなと祭」が行われました。
そのほかにも、友好交流協定を結んでいる嘉義市から市長らが訪れ、交流事業や、ファッションショーなどの催しもありました。

また、「きれいなまつり事業」として、5カ所にごみ分別ステーションを設置し、ごみの分別回収を行いました。
2日間で述べ447人のボランティアが参加し、環境に優しくきれいな祭りとなりました。

きれいなまつりおみこし