ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ カメラさんぽ 冬の風物詩 デベラ干し:カメラさんぽ(343)

冬の風物詩 デベラ干し:カメラさんぽ(343)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月28日更新

debra デベラと、後ろに広がる住宅の屋根

12月に入り、吉和漁港周辺では、デベラの天日干し作業が始まりました。

デベラとはタマガンゾウビラメの尾道での呼び方で、正徳町の笹井淳二さん宅では、約75年、三世代にわたり、屋上でデベラの干物づくりを行っています。

うろこと内臓をとって素干しにし、4日~1週間程度、潮風に当てて干していきます。口からエラへ縄を通されたデベラがずらりと並ぶ様子は、尾道の冬の風物詩。

大きいものは焼いてから開いて骨をとってから、小さいものはたたいてデベラ酒にするのが、笹井さんのおススメのいただき方だそうです。

風になびくデベラデベラの干し具合をみる笹井さん