ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ カメラさんぽ ベテランの技で桃づくり:カメラさんぽ(347)

ベテランの技で桃づくり:カメラさんぽ(347)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月12日更新

受粉作業ビニールハウス

 高須町の大前章さんのハウスで、桃の受粉作業がピークを迎えていました。この日の室内は23度に保たれるよう調整されていて、撮影時には汗ばむほどでした。
 

桃の花

 桃の木は20数年で植え替えるとのこと。広さに制限のあるハウスの中での規律ある立木と枝の様子に、秘訣をうかがったところ、この道50年のベテランの大前さんは「木の成長を想像しながら苗木を植えるので、考えた通り!」と、大好きなコーヒーを飲みながらしてやったりの笑顔でした。