ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 予防接種 新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年1月4日更新

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について

ページ内目次

新型コロナワクチン接種証明書とは

 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものです。

 氏名、生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されます。
 それらに加えて、海外用は、旅券(パスポート)の国籍や旅券番号が記載されます。

 ワクチン接種後に交付された「接種済証」や「接種記録書」は、日本国内において接種事実を確認する書面として従来どおり利用できます。
 
「接種済証」や「接種記録書」を紛失した方で接種事実を証明する必要がある場合は、接種証明書(電子版または書面(紙))を申請してください。

接種証明書(電子版)

 スマートフォン上で専用アプリから申請できるようになり、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。

 ワクチン接種記録システム(VRS)の登録内容をもとに発行されます。接種記録が登録されていない場合は、発行できません。(ワクチン接種後、登録までに一定の期間を要する場合があります。)

 接種証明書(電子版)の申請にはマイナンバーカードが必要です。
 ※マイナンバーカードは申請から交付の準備ができるまで概ね1か月以上かかります。
   マイナンバーカードの申請方法など詳しくはマイナンバーカード(個人番号カード)(市民課)<外部リンク>をご覧いただくか、市民課(Tel 0848-38-9102)へお問い合わせください。

接種証明書アプリでできること

●発行
 【日本国内用】と【海外用及び日本国内用】の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。

●提示
 取得した接種証明書は、アプリを起動すればいつでも表示できます。

●読取り
 他のスマートフォン等で表示された接種証明書の二次元コードを読み取り、内容を確認することができます。

ご利用に必要なもの

  1. マイナンバーカード

  2. マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)

  3. 旅券(パスポート)・・・(海外用を発行する方)

動作環境

  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末

  • iOS 13.7以上

  • Android 8.0以上

利用方法

 詳しくは、デジタル庁ホームページをご覧ください。

1.スマートフォン上で専用アプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」をダウンロードする

≪アプリのインストール方法≫

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索して、インストールできます。

App Store

新型コロナワクチン接種証明書アプリ<外部リンク>:App Storeウェブサイト

二次元コード(新型コロナワクチン接種証明書アプリのAppStoreウェブサイトのURL)

Google Play

新型コロナワクチン接種証明書アプリ<外部リンク>:Google Playウェブサイト

二次元コード(新型コロナワクチン接種証明書アプリのGoogle PlayウェブサイトのURL)

2.アプリ上で申請、接種証明を取得する

 ※接種日等に誤りがある場合は、健康推進課(Tel:0848-24-1961)へご連絡ください。

3.スマートフォンを使って接種を証明する

 

関連サイト

新型コロナワクチン接種証明書アプリ(デジタル庁ホームページ)<外部リンク>

新型コロナワクチン接種証明書アプリ よくある質問(デジタル庁ホームページ)<外部リンク>

 

日本国内用 書面(紙)証明書の申請について

対象者

 新型コロナウイルスワクチン接種時に尾道市に住民票があった方

申請方法 ※即日発行はできません

 郵送での申請となります。

郵送申請 送付先

  〒722-0017 

  尾道市門田町22番5号

  尾道市健康推進課 予防接種証明書担当(国内用) 宛

発行方法・時期

  証明書は申請書到達から1週間程度で郵送発行します。

  接種事実の確認に時間を要する場合は2週間以上かかる場合があります。

必要書類

□申請書 ※記入例を参考に記載してください。記入漏れや不備がある場合は受理できません。

□接種券・予防接種済証または接種記録書の写し(お持ちの場合のみ)

□本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等で住民票の住所が記載されたもの)

□返信用封筒(住民票の住所の宛名記載および切手を貼付したもの)

  A4用紙を三つ折りにして封入できるサイズの封筒(長3または洋4)に84円切手を貼付してください。

  ただし、複数枚(3枚以上)の申請をする場合は94円~140円の切手が必要になります。

第三者(証明が必要な方とは別の方)が申請する場合

申請者と委任者が自署されていることを確認してください。

□上記の「必要書類」一式

□第三者(証明が必要な方とは別の申請者)の本人確認書類

旧姓・別姓・別名の記載を希望する場合

□上記の「必要書類」一式

□旧姓・別姓・別名の確認書類

様式

※記入例を参考に記載してください。記入漏れや不備がある場合は受理できません。

申請書

【日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/609KB]

【日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [Excelファイル/34KB]

記入例

記入例:本人申請【日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/597KB]

記入例:代理人申請【日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/531KB]

 

海外用及び日本国内用 書面(紙)証明書の申請について

対象者

 新型コロナウイルスワクチン接種時に尾道市に住民票があった方のうち、海外用の予防接種証明書が必要な方

 (日本国内用の予防接種証明書があわせて同時に発行されます。)

申請方法 ※即日発行はできません

 郵送での申請となります。

郵送申請 送付先

  〒722-0017 

  尾道市門田町22番5号

  尾道市健康推進課 予防接種証明書担当(海外用・国内用) 宛

発行方法・時期

  証明書は申請書到達から10日~2週間程度で郵送発行します。

  接種事実の確認に時間を要する場合は2週間以上かかる場合があります。

必要書類

□申請書 ※記入例を参考に記載してください。記入漏れや不備がある場合は受理できません。

□旅券(パスポート)の写し ※渡航時点で有効なもの

□接種券・予防接種済証または接種記録書の写し(お持ちの場合のみ)

□本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等で住民票の住所が記載されたもの)

□返信用封筒(住民票の住所の宛名記載および切手を貼付したもの)

  A4用紙を三つ折りにして封入できるサイズの封筒(長3または洋4)に84円切手を貼付してください。

  ただし、複数枚(3枚以上)の申請をする場合は94円~140円の切手が必要になります。

第三者(証明が必要な方とは別の方)が申請する場合

申請者と委任者が自署されていることを確認してください。

□上記の「必要書類」一式

□第三者(証明が必要な方とは別の申請者)の本人確認書類

旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名を使用している場合

□上記の「必要書類」一式

□旧姓・別姓・別名の確認書類

様式

※記入例を参考に記載してください。記入漏れや不備がある場合は受理できません。

申請書

【海外用及び日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/642KB]

【海外用及び日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [Excelファイル/34KB]

記入例

記入例:本人申請【海外用及び日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/633KB]

記入例:代理人申請【海外用及び日本国内用】尾道市新型コロナウイルスワクチン接種証明書申請書 [PDFファイル/593KB]

関連サイト

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外務省ホームページ)<外部リンク>

 

お問い合わせ先

尾道市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
Tel:0570-001-297 (8時30分~17時15分/土・日・祝日を含む

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)