ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 まちづくり 都市計画 都市計画区域マスタープラン(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針)

都市計画区域マスタープラン(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月29日更新

尾道市における都市計画区域マスタープラン

 都市計画区域マスタープラン(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針)は、中長期的な視点に立った都市の将来像を明確にし、その実現に向けての大きな道筋を明らかにするため、主要な都市計画の決定の方針など、基本的な方針を示したものです。広島県では、これまで22の都市計画区域ごとに都市計画区域マスタープランを策定していましたが、広域的な視点に立って都市づくりを進めていく必要があることから、都市計画区域を越えて強い結びつきのある一体的な地域(圏域)として「広島圏域」「備後圏域」「備北圏域」の3圏域を設定し、圏域を単位とした都市計画区域マスタープランを令和3年3月に策定しました。(詳しくは関連書類参照)

  1. 備後圏都市計画区域の整備、開発及び保全の方針
  2. 因島瀬戸田都市計画区域の整備、開発及び保全の方針
  3. 御調都市計画区域の整備、開発及び保全の方針

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)