ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 市民税課 個人住民税の年金収入一部算入漏れに伴う課税誤りについて

個人住民税の年金収入一部算入漏れに伴う課税誤りについて

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月26日更新

令和元年度及び令和2年度市民税・県民税の税額計算において、公的年金等支払報告書の一部についてデータの取込みに漏れがあり、一部の市民の方の市民税・県民税の課税額に誤りがあることが判明しました。

これに伴い、市民税・県民税に加え、介護保険料、後期高齢者医療保険料及び国民健康保険料についても影響が出てまいります。

本件につきまして、市民の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。

課税誤りの内容

令和3年3月19日に令和2年度の申告書を受け付けた際に、市の課税システムに令和2年度の年金情報が取り込まれていなかったため全件を確認したところ、地方税ポータルシステム(eLTax:エルタックス)に平成31年1月、2月及び令和2年1月に届いた公的年金等支払報告書データの605件が取り込まれていなかったことが判明しました。

課税誤りの原因

年金や給与情報をeLTaxからダウンロードする際、操作を誤ったことにより取込漏れが発生しました。また、取込データの全件チェックの際、検索条件が不完全であったことにより確認ができていませんでした。

本件による影響見込み (令和3年3月26日時点)

市民税・県民税

対象件数:132名
調定:2,621,100円増
対象者への影響額:一人あたり46,800 円減(※1)~120,300 円増

介護保険料

対象件数:215名
調定:3,964,700円増
対象者への影響額:一人あたり5,700 円~63,400 円増

後期高齢者医療保険料

対象件数:94名
調定:947,182円増
対象者への影響額:一人あたり3,484 円減(※2)~130,633 円増

国民健康保険料

対象件数:76名
調定:1,696,120円増
対象者への影響額:一人あたり110 円~130,880 円増

 

(※1)市民税・県民税において減額が生じているのは、申告された方の内容を修正したためです。
(※2)後期高齢者医療保険料において減額が生じているのは、軽減額が7割から7.75割に変更となるためです。

※なお、介護保険・後期高齢者医療・国民健康保険の給付割合に変更が生じる場合があります。

今後の対応

対象者には、令和3年4月中旬にお詫びの文書とともに市民税・県民税、介護保険料、後期高齢者医療保険料及び国民健康保険料の変更通知書を併せて送付させていただきます。

再発防止策

(1)課税資料データの基幹システムへの取込に関するマニュアルを見直し、チェックシート等による確認を行います。
(2)全件チェックの検索条件を見直します。
(3)地方税ポータルシステム(eLTax)に関する知識を深めるための職員研修を行います。