ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

救急・救助統計

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月5日更新

尾道市消防局管内の、平成30年中における救急出場件数は、7,293件です。

 このうち6,605人を医療機関へ搬送しました。
 これを前年同期と比べると、出場件数で142件(1.9%)減少し、搬送人員は175人(2.6%)減少しています。
 1日の平均出場件数は20.0件で、住民20.8人に1人の割合で救急隊により搬送されたことになります。
 事故別出場件数では、急病が4,270件(58.5%)、一般負傷1,119件(15.3%)、交通事故531件(7.3%)の順で上位を占めています。

救急統計の概要

 平成30年
(2019年)
平成29年
(2017年)
救急統計の表
管内人口(人)137,627139,208
出場件数(件)7,2937,435
搬送人員(人)6,6056,780
1日当たりの出場件数(件)20.020.4
1日当たりの搬送人員(人)18.118.6
1日当たりの最多出場件数(件)4936
人口1万人当たりの出場件数(件)528534
管内人口/搬送人員20.8人に1人20.5人に1人
救急車出場最多事故種別急病   4,270件急病 4,214件
救急車出場最多月7月       812件8月      703件
救急車出場最多曜日月曜日 1,127件金曜日 1,109件
救急車出場最多時間帯10時から12時
1,051件
10時から12時
1,109件

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)