ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 会計課 国際協力機構(JICA)が発行するソーシャルボンド(社会貢献債)への投資について

国際協力機構(JICA)が発行するソーシャルボンド(社会貢献債)への投資について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月7日更新
 尾道市は、基金の運用の一環として、さらに資産運用を通じた社会貢献への取組として、独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)が発行する「ソーシャルボンド(社会貢献債)」への投資を実施しました。

 JICAは、国の全額出資による独立行政法人として、発展途上国の抱える様々な問題解決に向け、技術協力や資金援助などを行っており、JICA債で調達された資金は、全額がJICAの実施する貧困対策、人材育成、インフラ整備事業など開発途上国の社会問題を解決するための事業に活用されます。

 また、JICA債の発行は、日本政府の「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」において、SDGsを達成するための具体的な施策の一つとしても位置付けられています。