ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

奥井紫麻ピアノ・リサイタル

印刷用ページを表示する掲載日:2022年12月9日更新

奥井チラシ表奥井チラシ裏

《新型コロナウイルス感染症対策とお願い》 [PDFファイル/530KB] ←必ずご確認ください。

《感染防止策チェックリスト》 [PDFファイル/502KB]

公演日

2023年3月4日(土)

会 場

ベル・カントホール
広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田535-1
電話:(0845)27-3848

公演時間

【開場】 13時15分
【開演】 14時00分

入場料 

全席指定
 一般           2,000円  
 18歳以下      1,000円   

内 容                     

プログラムおよび演奏者
【プログラム】
 
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第26番「告別」Op.81a
 ショパン:ノクターン Op.27 No.1
 ラヴェル:夜のガスパール
 リスト:巡礼の年第2年「イタリア」S.161/R.10 A55より”ぺトラルカのソネット第123番”
 リスト:ピアノ・ソナタ S.178/R.21 A179 ロ短調
                  
 ※曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
奥井志麻©Evgeny Evtyukhov 

【演奏者プロフィール】
奥井 紫麻(おくい しお)ピアノ
感性、歌心、技術の全てに恵まれた稀有な存在。2004年5月生まれ。5歳半でピアノを始め、7歳より故エレーナ・アシュケナージに師事。8歳でオーケストラと初共演し、12歳でゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演。10歳よりスピヴァコフと世界各国で共演を重ね、2019年10月にはモスクワ・ヴィルトゥオージ室内管弦楽団のヨーロッパ・ツアーのソリストに起用され、15歳でベルリン・フィルハーモニー、ウィーン・ムジークフェライン、プラハ・スメタナホール。ハンブルク・エルプフィルハーモニーを始めとするヨーロッパの著名ホールにデビュー。9歳から世界各国での音楽祭に招かれ、マリインスキー劇場、Fondation Louis Vuitton、マドリード国立音楽堂等で演奏。各地のオーケストラとも多数共演し、これまでにロシア・ナショナル管弦楽団(ミハイル・プレトニョフ指揮)、ロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団(ウラディーミル・スピヴァコフ指揮)、ウクライナ国立交響楽団(ミコラ・ジャジューラ指揮)他、日本では読売日本交響楽団(広上淳一指揮)、東京交響楽団(秋山和慶指揮)等と共演。
モスクワ音楽院付属中央音楽学校を経て2018年よりグネーシン特別音楽学校でタチアナ・ゼリクマンに師事。2019年12月、国立アレクサンドル・スクリャービン記念博物館より2019年度の「スクリャービン奨学生」に選ばれる。2016年モスクワ国際グランドピアノコンクール最年少受賞、2015年第1回クライネフ・モスクワ国際ピアノコンクールジュニア部門最年少第1位、2013年第14回ロシア国営文化テレビ主催「若い音楽家のための国際TVコンテスト”くりみ割り人形”」ピアノ部門第2位及び全部門総合聴衆賞ほか数々の賞を受賞。ウラディミール・スピヴァコフ国際慈善基金奨学生。2021年4月にモスクワのボリショイ劇場で行われた第3回プロフェッショナル音楽賞”BraVo”では”The Most Popular Artisut from the Partner Country”を受賞している。

問い合わせ先

◎ベル・カントホール
 尾道市瀬戸田町瀬戸田535-1(〒722-2411)
 TEL(0845)27-3848
 午前9時から午後5時まで
 休館日:月曜日および祝日
◎しまなみ交流館
 尾道市東御所町10-1(〒722-0036)
 TEL
(0848)25-4073
 午前9時から開館時間内
 休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)

チケット販売について

●チケット販売開始:11月24日(木)
●チケット取り扱い
   
尾道市:しまなみ交流館、ベル・カントホール、啓文社新浜店
   三原市:啓文社イオン三原店
   福山市:啓文社コア福山西店、啓文社ポートプラザ店
   チケットぴあ:Pコード229-878

・電話によるお申込みも受け付けておりますが、座席の指定はできません。
・「しまなみ交流館友の会」会員の方は、お一人様3枚まで10%割引となります。
  お買い求めの際に会員証をご提示ください。
・未就学児の入場はご遠慮ください。
・車椅子席をご希望の方は、電話でお問い合わせください。

※都合により出演者・時間等内容が変更になる場合がありますので、ご了承ください。

地図(Google map)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)