ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 市政情報 行財政 行政改革 第7次尾道市行財政改革大綱(令和2年度~令和6年度)

第7次尾道市行財政改革大綱(令和2年度~令和6年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月27日更新

 「第7次尾道市行財政改革大綱(令和2年度から令和6年度)」を策定しましたので、お知らせいたします。

 本市では、これまで6次にわたり行財政改革大綱を定め、職員一丸となって行財政改革に取り組んできました。
 しかしながら、人口減少や少子高齢化が進む中、労働力人口や税収の減少、社会保障費の増大など、本市を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。
 こうした状況の中でも、複雑化・多様化する行政ニーズに対応し、持続可能な行財政運営を推進していくため、市民と学識経験者からなる尾道市行財政改革推進検討懇談会からのご意見をいただきながら、第7次の行財政改革大綱を策定しました。
 この大綱は、「安定した財政基盤の確立」、「効果的・効率的な行政運営」、「多様な人材・団体の活躍支援」の3項目を基本方針としており、今後は、この大綱に基づき、具体的に行財政改革を推進していくための実施計画を策定していく予定としています。

関連書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)