ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 ライフイベント 出産・育児 尾道市妊婦歯科健康診査のお知らせ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 健康づくり 尾道市妊婦歯科健康診査のお知らせ

尾道市妊婦歯科健康診査のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2022年4月1日更新

 妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増加し、普段よりもむし歯や歯周病が進行しやすくなり、お腹の赤ちゃんにも影響します。

 妊婦さん自身や、生まれてくるお子さんのお口の健康のためにも、体調が安定したら、早めに受診しましょう。

 

対象者

 尾道市に住所を有する方で母子健康手帳の交付を受けた人

 ※尾道市に転入した人は他市の妊婦歯科健康診査券は使えませんので尾道市のものと交換してください。

健診内容

 ・口腔内(歯及び歯肉)の健診

 ・健診結果の説明

 ・歯科保健指導

費用

 無料

 ※ただし母子健康手帳別冊にある妊婦歯科健康診査受診票を利用して妊娠期間中に1回限ります。

 ※治療代は自己負担になります。

持って来るもの

 ・母子健康手帳別冊(妊婦歯科健康診査受診票)

 ・母子健康手帳

 ・健康保険証

実施場所

 委託している尾道市内の歯科医療機関(予約が必要です)

 令和4年度 尾道市妊婦歯科健康診査委託医療機関一覧 [PDFファイル/457KB]

Q&A

いつ行けばいいの?どこで無料の歯科健診が受診できるの?

 体調が安定したら尾道市内委託歯科医療機関に妊娠していることを伝えて予約します。

 健診費用は母子健康手帳別冊の受診票をお持ちになると無料です。

 ★産婦人科医から歯科治療・薬に関して注意を受けていることがあれば、必ず歯科スタッフに伝えましょう。

なぜ妊娠中に歯科健診を受けるの?

 妊娠すると、つわりのために歯みがきが不十分になったりホルモンバランスが変化する影響で、むし歯や歯周病が起きやすくなります。

 歯周病がひどくなると、早産や低出生体重児のリスクが高くなると言われています。

 また、赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はおらず、むし歯菌の多くは一番近くにいるお母さんからうつると言われています。

 そのため、お母さんのお口のケアがとても大切です。

上の子どもがいるのだけれど、受診する時どうしたらいいの?

 おもちゃを置いていたり、キッズスペースを設けている歯科医院もあります。

 また上のお子さんを連れてきても予約や診察の状況によってはスタッフが面倒を見てくれる歯科医院もあります。

 直接、歯科医院に問い合わせてみてください。

 子どもを預かってくれる制度(有料)もあります。子育て応援ガイドブックをご覧ください。

健診と同じ日にお口のケアや治療を受けることができますか?

 歯科医院によって異なりますので、直接ご希望の歯科医院に電話で問い合わせ、希望を伝えてみてください。

 治療には、保険診療の一部負担金が必要です。

レントゲンや麻酔は大丈夫?

 歯科のレントゲン撮影は、性腺や子宮から離れており、胎児への影響はほとんどありません。

 麻酔も通常量の使用では、胎児への影響はほとんどありません。

 

受診者の声

 ・子どもの歯が妊娠中から作られることなど、いろいろ知ることができ妊婦生活をよくすることにつながりました。

 ・出産後は育児に追われて忙しいので、妊娠中に無料で健診ができてよかった。


 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)