ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 ライフイベント 高齢者・介護 高齢者インフルエンザの予防接種

高齢者インフルエンザの予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月15日更新

~12月中頃までに接種しましょう~

 

 インフルエンザ予防接種は、高齢者の発病・重症化防止に効果があることが認められています。

 予防接種後、効果が出るまでに2週間程度かかるので、流行前の12月中頃までには予防接種を受けましょう。

 

接種対象者   〔次の1,2,3の項目すべてに該当する人〕

1  接種日に年齢が満65歳以上で、予防接種を希望する人            

2 尾道市に住民票がある人

3 接種歴を、尾道市が予防接種台帳に保有することをご了承いただける人

※60歳以上65歳未満の人で、次の条件に該当する場合は対象になります。かかりつけ医に相談してください。心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極端に制限される程度の障害を有する人、及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有し、かつ上記の2と3の両方に該当する人。

 

期 間

令和元年10月1日(火曜日) ~ 令和2年1月31日(金曜日)

 

接種場所

県内の広域化予防接種受託医療機関

 

接種の受け方

(1)希望する医療機関へ予約する。

(2)医療機関窓口で予診票に記入し、接種を受ける。

(3)料金を窓口で支払う。

※市外や県外の医療機関で接種希望の人は必要書類がありますので、必ず事前に健康推進課へお問い合わせください。

 

料 金

1回 1,500円(一人1回のみ)

 

市民税非課税世帯・生活保護世帯の方で65歳以上の市民の人は、無料で接種が受けられます。

以下のものを所持している人は、直接医療機関窓口で提示されると無料で接種できます。

(1)被保護者証明書

(2)後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

(3)介護保険負担限度額認定書

※必ず接種日が有効期限内にあることを確認してください。

 上記のものを所持されていない方は 事前に窓口へ申請して無料券の交付を受けて下さい。

 世帯全員の課税状況を確認しますので、電話での申請は受け付けておりません。

 持ってくる物:印鑑と本人確認できるもの

※同一世帯以外の人が申請する場合、「委任状」が必要。委任状は、申請窓口にあります。

 

申請窓口

健康推進課(総合福祉センター1階)

因島総合支所健康推進課

瀬戸田福祉保健センター

瀬戸田支所

御調保健福祉センター

向島支所

向東連絡所

浦崎支所

百島支所

市役所(10月~12月20日まで)  

 

添付文書

【様式第1号】【高齢者】インフルエンザ・肺炎球菌予防接種 費用免除申請書 [PDFファイル/56KB]

【様式第1号】【高齢者】インフルエンザ・肺炎球菌予防接種 費用免除申請書 (記入例) [PDFファイル/203KB]

委任状 [PDFファイル/60KB]

委任状(記入例) [PDFファイル/93KB]

高齢者インフルエンザ予防接種券を置いている医療機関一覧 [PDFファイル/108KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)