ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ しごとの情報 産業振興 商工業 尾道商業会議所記念館の入館者が60万人に到達

尾道商業会議所記念館の入館者が60万人に到達

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月2日更新

 令和元年7月1日(月曜日)午前、尾道商業会議所記念館の累計入館者が60万人に達しました。
 60万人目となったのは、フランス・パリのAnais Favier(アナイス ファヴィエ)さんで、岡田正弘尾道市産業部長から認定証と記念品が手渡されました。

 記念品は、尾道市より尾道帆布製のトートバック、尾道手拭、尾道桜の香りのミスト化粧水、尾道市立美術館展覧会招待券が贈られました。
 アナイスさんは、「日本に来るのが夢で、昨年1年間千葉で日本語の勉強をした。尾道に来るのは初めてで、綺麗なまちだと聞いて訪れようと思った。古いお寺や猫の細道などがよかった」と話されていました。 

 
 尾道商業会議所記念館では、5月31日(金曜日)から11月6日(水曜日)の期間で、第36回企画展示「尾道港開港850年~黄金時代と都市の考古学~」を開催しております。

60万人記念撮影の様子