ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 生活・住まい 住宅建築 土砂災害特別警戒区域内の建築物に係る技術基準等について

土砂災害特別警戒区域内の建築物に係る技術基準等について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月20日更新

建築基準法施行令第80条の3の技術基準等の運用に係る広島県版取扱について

 土砂災害特別警戒区域は、土砂災害が発生した場合に「建築物に損壊が生じ住民等の生命または身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる」区域として指定されるものであり、特に居室を有する建築物は立地を避けることが望ましいものですが、現在、県では土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域等の指定を急ピッチで進めており、今後、令第80条の3に基づいた建築物の設計は、その要否を含め検討する機会が増加していくものと考えられます。

 そこでこの度、令第80条の3の技術基準について、これまでの相談事例等を踏まえた広島県版の取扱集を作成しました。

内容は以下より確認をお願いします。

広島県HP「土砂災害特別警戒区域内の建築物に係る技術基準等について(建築基準法)」
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/107/sekourei83.html<外部リンク>