ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 消防・防災・防犯 消防 聴覚や発話の障がいなどにより音声による119番通報が困難な方のネット119緊急通報システム

聴覚や発話の障がいなどにより音声による119番通報が困難な方のネット119緊急通報システム

印刷用ページを表示する掲載日:2019年5月1日更新

ネット119緊急通報システムの運用開始について

尾道市消防局では聴覚や言葉の不自由な方など、音声による119番通報が困難な方のために、あらたに緊急通報システムネット119を開始しました。
当サービスの利用をご希望される方は緊急通報システム規約をご確認いただき、承諾のうえお申し込みください。

ネット119緊急通報システムとは?

ネット119緊急通報システムとは、聴覚や言葉の不自由な方など、スマートフォンや携帯電話のインターネット機能を利用して緊急通報を行うことができる事前登録型のサービスです。
スマートフォン等の位置情報を利用することで、通報者の現在地を伝えやすくなるため、迅速な対応が可能となります。

利用には事前登録が必要です

利用には事前登録が必要です。登録にあっては随時、尾道市消防局通信指令課で行なっております。
通信指令課にお越しになる前には事前にご連絡を下さい。
また、登録は尾道市消防局通信指令課のみで行なっております。
その際は、手話通訳者及び要約筆記者がいない為、筆談での対応となっております。
登録の際は、必ずご使用の携帯電話もしくはスマートフォンをお持ち下さい。

利用できる対象者

ネット119緊急通報システムは、聴覚や言葉の不自由な方など、音声による119番通報が困難な方のためのサービスです。
聴覚の障がいだけではなく、言葉の不自由な方による通報が難しい方々を対象としています。

その他、利用案内等

申請窓口
尾道市東尾道18番地2
尾道市消防局5階 尾道市消防局通信指令課
利用登録申請の受付時間 平日8時30分~17時15分

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)