ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 救急・医療 新型コロナの影響でリスク高まる熱中症!
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 健康づくり 新型コロナの影響でリスク高まる熱中症!

新型コロナの影響でリスク高まる熱中症!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月27日更新

 国において、熱中症にかかる人が急増する7~8月を「熱中症予防強化月間」と設定しています。

 今年は、新型コロナウイルス感染症対策に伴うマスクの着用、自粛生活などの影響から例年より熱中症が発生

しやすいと言われています。

 一人ひとりが正しい知識を持ち、声を掛け合って熱中症を予防しましょう。

新型コロナの影響で熱中症にかかりやすい?

■マスク着用

マスク着用

・熱が身体にこもりやすい(特に運動時)     

・マスク内の温度が上がる

■自粛生活

外出自粛

・外に出ないことで体温の調節準備ができていない

・運動不足により水分を貯める機能を持つ筋肉が減る

 

→口の渇きを感じにくく、水分補給が不足しやすい

熱中症予防

 ○暑さに徐々に身体を慣らす(軽い運動で筋肉をつける)

  ・気温の低い早朝や夕方、人の少ない時間帯を見て運動を行う

   (マスクを着けて運動する場合は激しい運動は避ける)

  ・自宅で出来る運動(体操など)や軽い運動で身体の準備を

   (尾道市では、シルバーリハビリ体操<外部リンク>プラス10分てくてく運動<外部リンク>を紹介しています。) 

 ○暑さを避ける

  ・扇風機やエアコンで室温調節

  ・外出時には、日傘や帽子を着用(男性も日傘を)

  ・日陰でこまめな休息

 ○こまめな水分補給をする

  ・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給

  ・経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給

 

熱中症の症状

 ○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

 ○頭痛、吐き気、嘔吐、からだがだるい・力が入らない等

 ○返事がおかしい、意識がない、けいれん、からだが熱い

 

熱中症が疑われたら

 ○涼しい場所へ避難

 ○からだを冷やす(首の回り、わきの下、足の付け根)

 ○水分補給(水分・塩分、経口補水液)

自分で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

 

添付資料

 新型コロナの影響でリスク高まる熱中症!! [PDFファイル/465KB]

 (環境省)令和2年度の熱中症予防行動 [PDFファイル/720KB]

 (環境省)令和2年度の熱中症予防行動の留意点について [PDFファイル/114KB]

 

関連リンク

 環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)