ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 救急・医療 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性へ風しん抗体検査・予防接種費用の助成を行います
トップページ くらしの情報 救急・医療・健康 健康づくり 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性へ風しん抗体検査・予防接種費用の助成を行います

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性へ風しん抗体検査・予防接種費用の助成を行います

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月4日更新

風しんは、妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんに心臓の疾患や難聴、白内障、精神や身体の発達の遅れ等(先天性風しん症候群)が生じる可能性があります。

また、妊娠している女性以外でも、大人がかかると、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、また関節痛がひどいことが多いとされています。

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性(以下「対象世代の男性」といいます。)は、予防接種法に基づく風しんの予防接種を受ける機会がなく、女性や他の世代の男性より風しんの抗体保有率が低いことがわかっています。

このことから、風しんの発生及びまん延を防止するため、平成31年4月以降に、対象世代の男性に対する風しんの抗体検査・予防接種を実施します。

なお、風しん含有ワクチンを効率的に使用する観点から、まず抗体検査を受けて頂いたうえで、「抗体がない」または「低い」と判定された人に予防接種を受けていただくという制度になっています。

 

助成対象者

 

 尾道市に住民票のある、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性

平成31年(2019)年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性にクーポン券を送付します。(平成31年4月下旬発送予定)

 ※対象者の中で、クーポン券が送付される前に抗体検査等を希望される方は健康推進課までご連絡ください。

 ※引っ越し等で「クーポン券に記載された市区町村の住所地」と「住民票のある市区町村の住所地」が異なる場合は、そのクーポン券は使用できません。住民票のある市区町村でクーポン券を再発行してもらってください。

 

風しんの抗体検査について

 クーポン券は、対象世代の男性全員に送付しますが、過去の抗体検査の受検歴などによっては、今回、抗体検査を受けなくても予防接種を受けることができる場合があります。

 詳しくは、風しんの抗体検査実施フロー [PDFファイル/115KB]をご覧ください。

 

風しんの予防接種について

 予防接種については、抗体検査を受けた後、抗体が無いまたは低いと判定された人が対象になります。

 判定基準については、風しんの第5期の定期接種の対象となる抗体価基準 [PDFファイル/192KB]をご覧ください。

※抗体検査の結果が、抗体価(単位等)欄の検査方法(測定キット名)ごとに定められた数値に該当する場合は予防接種の対象となります。

 

助成期間

 平成31年(2019年)4月1日から3年間

 ※今年度送付のクーポン券の有効期限は令和2年(2020年)3月31日までです。

 

費用 

 無料

 

実施機関

 全国の委託健診機関・医療機関

 ※詳細は厚生労働省の風しんの追加的対策のページ<外部リンク>をご覧ください   

 

抗体検査・予防接種を受ける際に必要なもの

 ・住所がわかる公的書類(保険証・運転免許証等)

 ・クーポン券 

 ・抗体検査の結果(予防接種を受けるとき)

 

風しんの無料抗体検査を実施しています(令和2年3月末まで)<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)